2018年04月13日 添削して思うコト^_^その②

昨日の続きになります…私の研修の肝についてのご紹介〜
昨日のblogは、こちらから

おはようございまする〜
昨日は、二人の娘のことと仕事とで余裕がなく…アップするのが夕方になってしまいました…是非、バックナンバーをお読み下さい‼️

唯一無二の接客コンサル
人財育成専門
『魔法の接客術』アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

上の写真…コレまた、昨日とは違う女子の提出課題となります。
ちょっと小さい文字ですが、相当しっかり書いて来てくれてます。

この彼女の場合、自分の現状分析がしっかり出来ていることがうかがえます。
私は、いつも申し上げます。
『出来てる』『出来ていない』も大切です。
ですが、もっと大切なのが…何が出来ていて、何が出来ていないか?
そして、それが何故出来ていて?、何故出来ていないのか?
そして、最後にその障壁を取り除くのには、どうすべき…なのか⁉️

そうです、そのスタートこそ、現状分析になります。

その点でも、この彼女の応えは、提出課題に真摯にに向かい、書いていることが伺え非常に好感が持てます〜

では、何故⁉️彼女は何処が出来ていて、何処が出来ていないと言葉で応えられたか⁇

ここが、ポイントですね〜❣️

ハイ、それは、私の教えているコンテンツが言葉化出来ている…コレは、昨日話した通り…
その言葉化がより簡単でわかりよいからですね〜
そう、このより簡単でわかりよいって本当に大切です。
そこが、難しい〜と判断されてしまうと行動が鈍るからです。
こちらも学者でなければ、相手も研究生ではないのです(๑˃̵ᴗ˂̵)
その使うべきシーンをイメージしても、ごちゃごちゃ…なんだっけ〜⁇では、その一瞬を逃してしまいます。
せっかく、武器として持たせたコンテンツが使えないものだと…意味をなさないのです‼️

使うべきシーンで、使ってもらいたい!

そういう観点からも、伝える言葉は簡単で使い良さを重視しているのです。

いくら、言葉化出来ても、難しすぎると行動に結びつかないモノだから…

うーむ、言葉化の大切さ…ご理解いただければシャイコフスキーざんす(๑˃̵ᴗ˂̵)

感謝。

PAGETOP