昨日の『だったら、どうすれば…』を考える

いくら、その人のため…と言えども…

おはようございまする〜
さーさー、今日はミッション終了後、静岡巡りでっす〜

唯一無二の接客コンサル
人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

いやはや…昨日の朝の大雨にはいささか焦らされましたー

朝、起きて、テレビをつけたら『奈良は大雨で、電車が止まっている…』って…

あっ、俺、奈良じゃん⁉️

しかも、泊まったホテルから講演会場まで結構距離もある…汗💦って感じで、担当の岡田さんに電話

途中までしか電車行かず…で、お迎えに来ていただき、なんとかセーフ‼️

いやいや、焦ったコト&焦ったコト…

気を取り直して、講演では響くお話をさせていただき、アンケートの結果も一応にご評価下さり、ホッと致しました〜

で、一昨日のからのblogの続き
http://mohican.blog.jp/archives/72542405.html

昨日のblogはコチラから
http://mohican.blog.jp/archives/72556411.html

そうそう、よく部下の方に
『お前のためを思って…』って言ってしまいませんか〜?ってやつ(^.^)

だったら、どう言えば⁉️

って考える時、自分がそう言われた時のコトをチラッと思い出してみましょう〜
私の場合…あくまでも私の場合ですが、父親にそのセリフよく言われましたが、その場をやり過ごすコトばかり考えていました〜
まー、それは家庭の場合
会社となれば、ちょっと違ってくるのかも…

元来、あなたは、この会社とかチームとか部署とかをどうしたいか⁉️伝えてますか?
もっと、申し上げますと、言葉化出来ていますか?

何が言いたいか?

そこをハッキリさせて伝えるコトから始まります…

この船が、何処を向いているのか⁇
航海図で示し、
『だから、君にはその中で〜〜な役目を担ってもらいたいと考えているんだよ。
だから、〜〜と考えてもらいたい 』

もし、こう言われたら、その部下の方はどうするでしょうか〜?

少なくとも、一方的に『お前のため…』と言われるよりは、行動に値すると考えます。

と、言うと、『そんなの伝えてましょうよ〜』って言われそうですが、ハッキリ申しましょう!
一回や二回伝えても、伝わっていないコトが多いです。

何故?わかるか…

私がその昔、若い男性スタッフを雇った時のコト…
彼は、俳優程度にお醤油顔(古?笑笑)のイケメン、性格もバツグンにいい…ただし、物覚えが悪い…同じコトを何度も何度も繰り返さないと覚えれない…(^_^;)

その日も同じ失敗を繰り返す…
『なぁ〜何で覚えないんだ!
この話しするの、何回めだと思ってるんだ⁉️』と強めの口調で言った時、彼は…
『ハイ、かれこれ、社長には25回ほど言ってもらってます〜』

残念ながら、一回や二回、話ても覚えていないものである…
つまり、覚えたくない、素通りするコトバや伝え方をしているのはあなたかもしれないのです。

感謝。

PAGETOP