マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

初参戦で感じたコト〜



一昨日、行って来ました…いきなり!ステーキ^_−☆



おはようございまする〜
今日は、静岡での講演なのですが…大雨らしいです…(^_^*)

唯一無二の接客コンサル
人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。


前々から一度行こう〜と考えてましたいきなり!ステーキ、やっと行って来ました〜笑笑

行かれたコトございますか〜⁈

簡単に申し上げると…立ち食いステーキ屋なんですが、そのマーケティングの鋭さは、もちろん!ガーサスでした〜‼️

行ったのは、12時15分頃新宿の西口の大通りから入ったお店です。

先ずは、名物の行列がお出迎えしてくれました…(^_^*)

人数にして、15人程…

それが、5分程度で店内に案内されます。
エエエエッ⁈
30分は覚悟したのに…5分…

そこが、立ち食い店の最大の強み…来るお客様は、皆、『食べるだけ』のためにやって来てるってコトの証拠ですね!

で、席⁈に案内されてわかったコトは、一人一人のスペース(テーブル上に)がハッキリしているのです。
つまり、入店人数がわかりやすいってコトですね〜

一人客も多いので、壁に向かってステーキを食べる状況でも違和感もなし…
荷物はテーブルの下の棚と足元にカゴが置いてあります。

何度も申しますが、これまた立ち食いの強みで、テーブル下の空間が自ずとして広くなるのでそこを有効活用(

✌︎'ω')✌︎

椅子がない分、店内にギッシリお客様を詰め込めます〜

食べる方は、そんなのはお構いなし…



伺った時は、お昼時、男性客が目立ちますが、以外に女性客もいる…アレレ
って思いきや、接客は全て女性スタッフなのだ。

店内は、思いっきりニオイと煙りなどなどステーキ屋特有な雰囲気なのですが、接客は女性…しかも清潔感があり、全員、透明のセルロイド製のマスクを付けている。もちろん、滑舌も良く、キビキビ動く。

お昼の売りである
300gのステーキのセットを注文、ただしご飯は小ライスにしました〜
紙エプロンをみんな着用…




こんな感じ〜笑笑

バカに出来ないのが、サラダに付けるいきなりドレッシング!
これが、本気でビックリするくらいに美味しんでっす〜

流行っているこの手のお店の傾向ですが、そういったサイドメニュー的な部分にも力を入れている。

ヘボなお店だと、そこら辺りのツメが甘いが、繁盛店は確かに違う!




ペコペコなお腹の方に
鉄板のステーキを計り売りにして提供
(お肉は、そんなに美味しい〜とは言いがたいが柔らかいコトは柔らかい)
待ち時間もほとんどなく、ソコソコのステーキがお安く食べられる(300gワイルドステーキ…ライスに小さなサラダ、そしてカップ程度のスープがついて…1458円)

コスパ、感じられますよね〜^_−☆

と、そのgのステーキがそのお値段で食べられるってコトに価値は感じられました〜

探せばもっとお安いお店もあるでしょうが、このリアル感は腹ペコ族をひきつける〜ってコトはわかった様な気がします。

もし、行かれたコトがある方は是非感想を教えて下さい〜(*≧∀≦*)

明日は、この続編をお書きしますね〜



感謝。