マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

採用難…バイトの目的は…⁇



ひと昔前とは、考えが絶対的に違います!



おはようございまする〜
台風が近づてきている様ですが…

唯一無二の接客コンサル 
人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。


ちょっと前に、とある経営者の方から相談されました…
『うち(当社)は、この職種にすれば給料は他よりもいいはずなのに人が集まらないのです…いかがすればよいと思いますか〜?』
って…

『採用の広告には、どんなコトを載せてらっしゃるのですか〜⁈』

『頑張れば、ポジションも上がる…もちろん、それに伴い給料も上がる

 ってコトを大きくうたってます!
なのに、アルバイトさえも満足に集まらない…』

確かに…そちら企業の事業アイデアも素晴らしいですし、仕組みも画期的、給料もわるくない…
ですが、なかなか人が定着しない〜いや、しても数人だけが残り、その他
はいつも流動的…(*≧∀≦*)
だから、いつも採用中で採用難。



実は、今の日本の企業の大きな問題の一つがそこにあったりします!

その経営者の方も、さるベンチャー系で成功された会社からの独立組みで、大きな野望を抱いてらっしゃる方でっす〜^

^

素晴らしいアイデア
仕組みも作れた
資金集めにも成功
後は、それを実践するスタッフを集めるだけ〜‼️

でも、上手くいかない…
今、日本にはそんな企業が多発しています…(^_^*)

採用難…その根本が、働くと言うコトの目的が明らかに変わってきたのかなぁ〜を実感します。

例えば、このお店は気付いてますよね⁈




アルバイトの目的は、お金じゃない…いや、正確には、お金だけではない…ってコトかと〜



では、この場合…

仲間とか友達作り



なのでしょう〜‼️

だから、『仲の良さが自慢です‼︎』



そうしたら、先の企業ならどうすれば良いか⁈
私は、これしかない…と考えます…

先ずは…
一人、一人、そこで働く理由が違うコトを理解する。


コトから始める…しかないと感じました(^_^*)

で、
採用時の面接が終わってからが勝負…
つまり、雑談形式で本音を言い合って本気度を確かめるのが一番かと〜
そうするコトで、ミスマッチを減らせたり、何らかをコミットさせるコトが出来るのでは⁉️って考えます!

ともあれ、頭数が必要とあれば、なかなかままならないのも現実ですね〜

あっ、だから…
採用のために動画の活用って有効手段だと思いますよ〜(^з^)-☆




うーん、ミスマッチを防ぐ採用…難しいでしょうが、チャレンジするしかない…

感謝。