マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

人財育成にも、あるあるでっす〜汗



良かれ〜‼️と思ったコトが仇になったりして〜

おはようございまする〜
昨日は、怪我の功名ってあるなぁ…を感じる日でした…(๑˃̵ᴗ˂̵)

唯一無二の接客コンサル
人財育成
『魔法の接客術』アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。


先日の野毛山動物園に大きく掲げてあった看板から読み解きましょう〜〜



確かにこういったコトって起こりうるコトですよねー(๑˃̵ᴗ˂̵)

野毛山動物園というと横浜のど真ん中、都会の中ですが、自然がいっぱい残っていたりします〜
もちろん、樹木も多く自然が残っています。又、池っぽいのもございので、鳥も多く集まってくる場所ですねー

なるほど…そうすると、こんなコトもあり得るわけです〜

これは、野鳥の子供(大人の場合もあり)が人に拾われたりする〜〜ってコトですね!
又、それが余計な親切心であったりするってコトです!
例えば、子供が飛べない雛鳥を発見したとすると、かわいそう…と感じて拾ってしまう…親もこんな知識がないので…ここは動物園、飼育員さんに渡せばなんとかしてくれる〜と思い拾ってしまう。

・親鳥が近くにいます
そうなのかもしれないですね〜
・人がいると親鳥が近寄れません
確かに、親鳥から見ると人間は邪魔で凶悪な存在なのかもしれないですね〜
・人間は親鳥の代わりにはなれません
本当はそこが一番大切な発想です〜

昨日もこのblogでもお話しましたが、人間の勝手な論理で世界が動いているのかもしれない…っていうこと…
昨日のblogはコチラ
http://mohican.blog.jp/archives/73595243.html



つまり、地球は人間のために廻っているのではなく、地球上の全生命のために廻っているのです。
その中で、今発見された中で、火を使い、道具を使い、ちょっとした知恵を持っているのが、人間と言うコトなのです(๑˃̵ᴗ˂̵)



ちょっと話を変えさせていただきます…
ちょっと論点が似ている例として…

よくありませんか?
管理職Aさんにその下の下の階層の方Cさんが、なんらかが達成できない時に泣きを入れてくる…
つまり、私は一所懸命頑張っていますが、中間管理職のBさんがアレではついて行けない…とか無理だ!とか…
そうすると、Aさんは、騎士道精神が働き、そうか!俺がBに言っておいてやる〜なんて、よくある話。

これって、正確だと思いますか⁉️

正確だと考えた方もおいでになるでしょう…まー見方によれば正確です。

しかし、これらは、本来の形を変えてしまってたりする〜っておわかりになるでしょうか〜⁉️
ええええっ⁉️
私的には、これが正確…です。
まず、AさんはCさんに…Bにもなんらかの考えがあってのコトでしょう〜Cには、今はBの言う通りやりなさい〜と納得してもらい…そこからBさん真意を確かめる…そこで、ジャッジをしてBさんが間違っていたのら、それを気付かせて、BさんからCさんに新しい指示をさせる〜

つまり、表面的には下克上を認めないと言うふりを決め込みつつも常に公平なジャッジを心掛ける…
片方の意見に左右されるコトなく、全体の利益を考えなくてはならないのです。

下手に手を課すコトで、バランスを欠き全体の利益を損ねてしまうコトもある〜と言うことかと…



やって上げた〜と思って行動したコトが、後々不利益に繋がるコトもあるのです〜

そんなコトの教訓が隠れている様な気がしました^_^

うーん、動物園からのメッセージは勉強になります…シャイコフスキーざんす(๑˃̵ᴗ˂̵)

感謝。