マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

わからなければ、わかっている人にきくべし!



昨日の1シーンでっす!パシャ‼️

おはようございまする〜
北陸の大雪は、とんでもないコトになってますね〜ご自愛下さいませ‼️

唯一無二の接客コンサル
人財育成専門
『魔法の接客術』アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

昨日の午後は、この方のとミーティング‼️
研修講師の大先輩、同じ歳の辻本光邦さん。

辻本さんとは、同じ勉強会で知り合い、その後なんとなく…そうですね〜、年に3〜4回ほど飲みに行く友人となりました。
元マイクロソフトジャパンの取締役も務められた方なのですが、今は独立、企業研修の講師を中心にコンサルタントなどされておられます。

なんか、奇妙なもので…
私の仕事のターニングポイントと思える時にお会いしている様な…

で、的確なアドバイスを頂戴できます。


昨日もそんなつもりはなかったのですが、ある案件についてお話をしたところ…有り難いコトにそれこそ的確なアドバイスを頂戴するコトが出来ました。
光明が指す…と、言いますか⁈
モヤモヤしていた先に、一筋の明るい光をはっきり見るコトが出来ました。

でね…
その後思ったのですが…
やっぱり、自分一人考えても限界がある…
その時、誰からアドバイスを貰えるか?で、人生って変わるのかなぁ〜って(^_-)
その相手を間違うと、チンケな答えしか見出せないでしょうし、わかってもらえない方なら一から話さなくてはならないので厄介だし。
状況が分かっていて、それでいて的確なアドバイスが出来る方ってそうそういない〜と思うのです。

昨日の辻本さんの言葉で響いた言葉の一つをご紹介させていただくと…
『過去の経験値からだけに答えを求めるな、未来をキチッと仮説しろ』
そして…
『仮説は、現時点の答えである』
です。

どうしても、人は自分の経験に頼ってしまいがち、しかもそれが全ての様に思ってしまうものです。
経験値がある程度高い人間になればなるほど、そうかもしれない…

そうか‼️
過去の経験に頼ろうとする人間は、素直さがなかったり人の言うことを否定的に聞いてしまう傾向にあるのかもしれない…

そう言う意味では、私はあまりにも的外れでない限り人の話は聞く方かと…笑笑
で、聞く限り、いたって素直だったりしますが…^_^

よらんにはなりますが…先日の講演でも、あからさまに否定的な態度を取られたのも私より少し歳下の経験値が高そう男性でしたね〜(°▽°)
やっぱり、経験値が邪魔をしてるんだろうなぁ〜なんて考えましたから…

ごめんなさい〜
本題ですね〜
何度も申し上げますね!

『わからなければ、人にきくべし!』

ただし、誰に聞くか⁉️が最大のポイントです。

そこを間違えると、人生の羅針盤が間違ってしまうからです。そこでは、経験値からの答えではなく、もっと言うとありがちな共感を求めてはならない。欲しいコトは、未来への仮説。

そんなアドバイスをして貰える人との出会いこそが、人生のコンパスを正しい方向に導いてくれるのでしよう。

辻本さん、昨日はありがとうございます。
新しい気付きがございました。
で、2月10日よろしくお願い申し上げます。


うーむ、人生のコンパスを正しい方向に導く人…これこそが私がなるべく人物像なのだ!
シャイコフスキー(^^)

感謝。