マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

バレンタインデーは、何故⁉️チョコレート…



昨日、奥さんと娘達からチョコレートをいただきまして〜❣️

おはようございまする〜
今朝は、松山から…

唯一無二の接客コンサル
人財育成専門
『魔法の接客術』アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

昨日のblogにもお書きしましたが、当家の奥さんよりバレンタインデーのプレゼント🎁として、ポータブル加湿器をいただきました。
もちろん、今日も松山に持参しております。
今日のセミナーやミーティング時には、私の横にさりげなく鎮座させるつもりです‼️笑笑

と、同時に…私が2月14日が出張中ということもあり、一足早くチョコレートをいただきました〜嬉❣️

でね、何故…バレンタインデーと言えばチョコレートなんでしようか〜⁉️
考えたコトございますか〜(^_^)
諸説色々ございますが、嘘か誠か…そのうちの一つのエピソードをご紹介させて下さい〜

当時、伊勢丹の食品売り場名物マネージャーの武さんと言うバイヤーがいらっしゃいました。
で、そこに売り上げがしんどかった某チョコレートメーカーが相談しに来たのです。

もっとチョコレートを売れる秘策を考えて、もっと売りたいのですが〜
うーむ、ただチョコレートを売っても難しいんじゃない⁉️
ですよね〜、当社のチョコレートは〜〜で美味しいはずですし、もっと売れてもいいと思うのですが…
そうですね〜、チョコレートを買ってもらう理由を作ればいいんじゃない⁉️

この一言が始まりで、バレンタインデーはチョコレートを渡して、愛を告白してもいい日になったと聞いております!

もちろん、そのチョコレートメーカーは当時の百貨店業界では大躍進‼️
バレンタインデーだけで、年間予算の半分を作るくらいになったと言うコトです。
何故?知っているか⁉️って…
大学生の頃、バレンタインデー近くにそのチョコレート会社でアルバイトをしたことがございますからね〜笑笑
その武さんと言う方、中々の名家の育ちでその頃から見聞が広かった方だった様です。
私が知っている頃は、部付きの部長職でしたが新入社員の時に売り場研修をして下さいました!
その頃にしても…小柄なからかなりスタイリッシュな方でした。

ここからが本題です!



もうおわかりですよね〜
いくら美味しいチョコレートでも、そう簡単には売れないものです。

でも、買う理由がはっきりしてくると関心を持ってもらえる…
そして、そこにストーリー性があると広まりやすい〜(^_-)

そう、広めるには、ストーリーは欠かせないのです‼️

ただ、圧倒的なプライスの優位性があるのは別!
何故なら、そこに関心がある人が多いからです…ただ、圧倒的でないとコレまた広がらない…何故なら、人は価格には慣れてしまうからです。

慣れる…コレは、安いだけでなく高くても慣れるものなのです。
そこに、きちんとしたストーリーが存在し、それを価値と絡めるコトをする。
そうすると、そこに関心を持つ人が集まってくるからです。



で、当家の奥さんのこう言った時のチョイスは、決まってGODIVAです❣️
それが、ストーリーだから…

ありがとうね〜(^_-)


うーむ、武部長のコト、久しぶりに思いだしました…ジェントルマンだったなぁ〜^

^
シャイコフスキー

感謝。