マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

氷上のチェスは、格闘技だった…



カーリング、昨晩は見入ってしまいましたが残念な結果でしたね〜

おはようございまする〜
応援させてもらったのですが…

唯一無二の接客コンサル
人財育成専門
『魔法の接客術』アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

いや〜〜惜しかったでっす!
後、一歩及ばずでの惜敗…そだね〜ジャパン❣️

ここまで、カーリングという競技を真剣に観たコトがなかったのですが、なかなか面白い競技ですね〜⁇
そう思われた方も多いはず(^

^)
いかがでしょうか?

カーリングは、氷上のチェスと言われます。
正にその通りで、ものすごい駆け引きや心理戦、そして体力がいるスポーツ、ある意味氷上での格闘技だと感じました‼️

えええっ⁇
氷上の格闘技って、何も身体接触がないじゃない⁈と思われるかもしれないが、これが凄くあるのです。
いわゆる、心の身体接触が‼️

昨晩のピョンチャンオリンピック女子カーリング準決勝、日本対韓国…
韓国の報道では、『サッカーより熱い日韓戦』とか、特にスキッパーと言われる最終に投じる二人がクローズアップされ注目度は大変なモノ(°▽°)

スタートから韓国が大量3点をリードし、ゲームは進められる…
なかなか点数が縮まらい中、後半日本が追い上げる…
確か、第8エンド…韓国は珍しく安全策を取る…リスクを回避したその時点で4ー7で日本が負けているからだ…

ここからが面白い…
負けへの覚悟と負けてはいけないという心理…ここで、安全策を取った韓国にほころびが出始める〜そう、日本が断然有利になる…

韓国は防戦一方(^_^)

そのエンド日本が盛り返し2点をゲット‼️
6ー7となる。

そしてむかえた最終エンド…
不利な先行は日本。
日本の押せ押せムード、韓国がショットが微妙に乱れる…

そして、最終の一投…
韓国一番人気の眼鏡先輩が投じたショットで誰しもが韓国勝利の予感…
その証拠で、日本のストーンに当たった瞬間、韓国チームはステックを高々に上げた〜

が、その日本のストーンが思ったより残り…ナント日本に1ポイントが入り同点となる。

そして、延長へ

日本が息を吹き返す…不利の先行ながら攻める日本🇯🇵

もちろん、韓国は息が消沈…ショットが微妙に乱れる

その時、日本チームに『いけるかも…』と言う雰囲気に

ハイ、その気持ちが出た瞬間がこの戦いが終わらせたと考えます!

何言ってるの⁇

ここがチームスポーツのアスリートを指導して来た視点なんですね〜

つまり、勝てるかも⁇なんて考えた瞬間に欲が出る…この場合、そんな気持ちがチームに蔓延するとショットに甘さが出る…わかりますか⁇
そのちょっとした甘さ、欲が早く出てしまうと何故だかそこからほころび起きる…
そう、ほころびが〜

で、最終的にそこを突かれて韓国、眼鏡先輩のベストショットが炸裂、破れてしまいました!

そう、ほんの少しのほころびを見せると強いチームはそこを必ず突いてきます。

そのせめぎ合いこそが格闘技だと感じたのですね〜

でも、考えよと…
日々のビジネスも同じことが言えていませんか〜⁈
上手くいく〜って思った瞬間に手からこぼれ落ちていくコトってないですか〜〜⁇
あっ、そんなことって私だけ…(°▽°)

イヤイヤ、もし私もある〜って感じられるなら、オッケー👌かもしれないですね‼️笑笑

と、最後に

そだね〜ジャパン、今夜の3位決定戦は勝ってもらえるコトを切に願います!



うーむ、勝つコトの難しさを教えて貰った気になりました(^

^)
今夜は、勝ってもらいシャイコフスキーになりたいですね〜❣️

感謝。