マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

鯛のお刺身尽くしってご存知ですか〜⁉️



昨晩は、クライアント様ホテルで美味しい一人会食をさせていただきました〜

おはようございまする〜
今朝も松山・道後から…これから帰京致します〜

唯一無二の接客コンサル
人財育成専門
『魔法の接客術』アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

一重に『鯛のお刺身』と言っても色々あるのをご存知ですか〜⁇

ってな具合の勢いで、冒頭の写真を載せさせていただきました。

昨晩は、この彼の演出の懐石を堪能させていただきました〜



イッシーこと石田さん。
なかなかの色男に写ってますなぁ〜笑笑
イッシーは、私がファシリテーターを務めますこのホテルでの『委員会メンバー』です。

で、イッシーの料理の特徴は、一言で申し上げるとアレンジ力です。

確かな食材を日本料理と言う枠を少し広げ、面白い料理を作ってくれます。
写真を撮り忘れましたが…日本的なお魚をトマトスープ仕立てにしたり、面白いタルタルソースで食べる魚のフライとか〜
とにかく、ワンエッセンスを加えるのが上手なのです。

一見、とっつきにくく見えるイッシーですが、接客も会話もなかなかどうして…ドンドン上手くなっでいます!

私は、何時も申し上げます〜

接客とは価値を伝えるコト

そう、お料理の説明でも価値を伝える意識があるのとないのとでは、全く違ってきます。
基に戻すと、お料理そのものも食材の価値を伝えたり、出汁本来の風味を伝えたり、はたまた
その掛け合わせで新しい領域の美味さを伝えるコトなのかもしれません〜



例えば、この鯛のお刺身達…実のところ色んな種類の鯛のお刺身なんです




鯛のお刺身、あん肝巻き、湯引き、昆布締め、炙り…うーむ、全部美味しく感慨深い❣️

同じ鯛なのに、全部味が違って感じる〜これは鯛そのものの味が淡白だから…言うならば、鯛の味が素直だから加えれるアレンジ〜

それを作ってくれたイッシーが、これまた素直で私の研修(リレーション委員会メンバー)を受講してくれているのです!



魚も人間も素直だと、その料理人の腕次第で更に美味しくなったり、力を伸ばせるのでしょう〜そんな料理人になるコトを私は目指しております!それが、生駒流の人財育成だからー!



私の成果は、ドンドン価値の提供をさせていただき人を磨く。そして、彼等彼女らが成果を上げていただくコトこそが、私の成果なのですから〜(*^^*)





イッシー、昨晩はありがとうございます!

来月の委員会でも、ドンドン面白いアイディアを出して下さいね〜

期待しております‼️



うーむ、美味しい料理はやっぱり幸せをもたらしてくれますなぁ〜

シャイコフスキーざんす(^_-)



感謝。