マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

2018年04月23日 ベストセラーより



この方は、あのナイキの創業者フィル・ナイト氏です。

おはようございまする〜
久しぶりに横浜の自宅より…

唯一無二の接客コンサル
人財育成専門
『魔法の接客術』アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

最近のベストセラー
『シュードック』と言う本をご存知だろうか⁇
実は、その本の存在を知れど、未だ読んでいないのですが…

その本は、あのスポーツ衣料メーカーのナイキの創業者であるフィル・ナイト氏が書いた、ナイキの創業時〜世界的なブランドにまで今なった…ストーリーを描かれたモノです。
本の存在は知ってまして、そのフィル・ナイト氏のインタビュー番組を観ました〜(^^)

あなたもナイキのスニーカーとかをお持ちではないですか〜⁇
ナイキと言うと、その昔…NBAのマイケルジョーダンがスーパースターとして大活躍してた頃、ナイキの靴を履いていて一斉を風靡した。
ナイキは、靴のソールに特殊な素材でエアーポケットの様な部分を作り、足のショックを吸収する、画期的なものを作り上げた。
それが、エアージョーダン。
その靴が、従来のスニーカーで使っていなかった色…

パステル調の蛍光色の黄色やグリーンを使いカッコ良かったのです。
生産数も少なく、品薄状態になり、高値で売り買いされる状況にまでなりました。

その頃くらいから〜かと思いますが…
スニーカーが一足10000円を平気で越える様になったのは…

その発想は、リーボックやスケッチャーズ、と言った後続メーカー、又、アディダスやプーマなど、今までにあったブランドにもかなりの影響を与えた。

スニーカーは、デザインで選ぶ

と言う常識を植え付けた様に思います。


ナイキと言うと、今やスポーツ衣料業界のトップブランドになりました。
ですが…それまでになるには、いばらの道があり、その窮地を救ったのが、日本の会社だったことをこのインタービューで語られてました。

アシックス

そう、日本のスポーツ衣料メーカーです…そのアシックスがナイキの販売にかなり寄与したとフィル・ナイト氏は語ったおられました。
本当にまだ全然売れずに弱小メーカーだったナイキ、そこを応援することを決めたアシックス、彼がそこで語ったには、

熱意や本気が人を動かした

と、言うこと。
そして、その時…アシックスは右も左もわからない一アメリカ人の言うコトを信じ、応援することを決めたのだ。

アシックスにとってもどれほどのリスクがあったか⁉️わからない…でも、目の前のこの男が本気だから…なんかやれそうだからと言って、応援を決めたと言うのだ。

思いが伝わる

その後、ナイキは急成長…
NBAのマイケルジョーダンを始め、世界のアスリート達がこぞってその靴を履き、ゴルフではタイガーウッズを使いゴルフにも参入…若者だけのブランドではなくなっていったのです。





そのフィル・ナイト氏の名言がコレ‼️

最後まで挑戦し続けろ!

考えされられる、重い言葉である。
確かにそうで、リスクを取らずしてなり得ないことが世の中多く、そをヘッジはすれど、行動を起こさないと成功はあり得ない…
わかっているが、大企業になればなるほど、そのリスクを取りたがらない傾向にあるのかもしれない〜なんて感じる最近ではあります。


うーむ、今読んでる本が終われば、読むことにしよう〜シュードック

シャイコフスキーざんす(๑˃̵ᴗ˂̵)

感謝。