マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

2018年05月17日 まだまだ収束を見ない日大アメフト部ラフプレー問題



一昨日もお書きしましたがが…その続編となるのですが…

おはようございまする〜
松山・道後温泉こらになります‼️



人財育成型研修講師


魔法の接客術アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。


全く収まる気配を見せない、日大アメフト部ラフプレー問題。

一昨日のblogはこちらから〜
http://mohican.blog.jp/archives/76162549.html

今や、そのプレーが監督の指示と言われる様になり、昨日の夜のニュースでは、監督がラフプレーをした選手にラフプレーをするコトを条件に起用した.などとの報道も加熱を帯びてきている。

ところで、あなたはあのプレーをどう目にしたであろうか…⁇

致し方ないプレーに見えた…ですか⁇


イヤイヤ、アスリートなら誰しも、あれはダメでしょう〜⁉️となっていますけど…

で、一昨日も申し挙げましたが、指導者が口にするチームのコンセプトとか指導者が日頃からなんと言って指導しているか⁇
が、これまた、物凄く問題となります。

で、もっと問題は…
ここまできてしまったら、
日大大学としての対応になるでしょう〜‼️

起こったコトは仕方がない〜とした時の迅速な対応が出来ていれば、これほどまでマスコミは騒がなかったでしょう〜
って誰しもが思うコト…

実はここのところの日大の売りが…

スポーツの日大

と、言うことをうたっていて、しかもその中の看板部こそがこのアメリカンフットボール部…
またまた、ややこしくしているのが、この監督が大学の人事を握るポジションらしい…
つまり、一番切りにくい部の切りにくいポジションの人間だと言うコト。
だから、大学からすると…ややこしい

とは、言え…
仮に、その監督が、問題が発覚した直後に責任を取り監督を辞任していたら

ハイ、ここまで大きな問題にはならなかった様に思うのは、誰しも〜なんじゃないですか⁇
全ては、その初動の判断ミスが問題で、大きくしてしまったんだ〜と考えるのが、普通ですよね〜(^ω^)

そう、仕事でも同じ…
ミスをした時の対応にこそ真価が問われることも多いですよね〜
失敗は誰しもしたくない
でも、仕事・行動をすれば失敗もしてしまう。
そこで、失敗を隠すのではなく、失敗を後々成功だと考えれる様な行動…に変える行動が求められる。
又、失敗を認め、どう行動し最低限のキズにするか⁇とか…迅速に先回りの対応が出来るか⁇
そこもポイントとなる。

日大が大学として謝罪し、即監督を謹慎処分をとすれば、こんな連日の報道もなかったでしょうし、大学のイメージに傷を付けるコトもなかったのでは⁉️

と、考える方も多いでしょう〜
恐らく、遅かれ速かれ、そうなる様に気もするのですが…(^_^*)
一日も早く大学としての正しい対応が求められている。

もう一度申しましょう〜
これは、私を含め全てのコトに共通するのです。
誰でも失敗はします。
失敗をしない人はいない
で、失敗をした時…コトが起こった時にこそ、真価が問われるのでしょう〜〜


こんな問題でマスコミを賑わすのは、辞めていただきたい〜ものです。


うーむ、何故…お役所や政治家の先生を見ているのと同じ感じに見えるのですが〜
ノットシャイコフスキーざんす(^ω^)

感謝。

〜認めて、伸ばす〜
人財育成型研修講師

生駒俊介



#『魔法の接客術』アドバイザー
#人財育成型研修講師
#スーパー営業サポーター
有限会社

エフ・エイ
取締役社長

生駒俊介
オフィシャルサイトhttp://www.mohican.jp/
移動オフィス:080-5388-9323
E-mail:info@mohican.jp

#『魔法の接客術』アドバイザー
#人財育成型研修講師
#接客コンサルタント
#店舗コンサルタント
#人財育成
#スーパー営業サポーター
#社員・スタッフ育成
#営業社員研修