マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

2018年06月20日 ワールドカップテレビ観戦記…その①



イヤー凄かったっすね〜大迫‼️

こんにちは〜
梅雨本番の東京からー

人財育成型研修講師
魔法の接客術アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

昨夜のサッカーワールドカップご覧になりましたか〜?

私は、仕事でリアルで観れないことがわかっていましたので、録画。
夜の11時くらいから部屋を暗くして、かぶりつきで観ました。笑笑
そう言った場合のコツは、ゲームが始まった瞬間からスマホを遮断すること…試合の情報が入ってくると、楽しみがなくなる危険性かあるので(°▽°)
もちろん、奥さんにも絶対に知らせない様に伝えおくコト、必要でっす!笑笑

ところで、コロンビアに勝っちゃうなんて、本当に考えられないことです。
私の感覚では、ハンドボールで言うと高校生の強豪チームと実業団くらいの差がある…と考えます。

先ず、言いたいのがなんと言っても大迫が素晴らしかった!と言うコト‼️
ゲーム開始直後から、奥さんに『今日の大迫はいいよ!』と言ってましたら、ドンピシャでした。

ドイツ・ブンデスリーガでもまれている強さが光りました!
ワントップと言うポジションで、あれくらい運動量豊富なプレーヤーは滅多にいないと考えます。
高校時代から注目のフォワードで、高校選手権の得点王に輝き、その当時から将来を有望視された選手。

しかも、大学が私と同じ中央大学だと言うコトで、応援しなければならないでしょう〜‼️^_^

その後、アントラーズに入り、活躍。
次なステージで、ドイツを選んだ〜と言うコトなのですが…
アントラーズ時代も光ったプレーヤーではありましたが、背は180センチ以上あるものの、いかんせん線が細い〜と言う欠点がございました。
又、ちょっと強く当たられたら、レフリーにアピールするコトもしばしば…
それが、先日のペルー戦でも昨日の試合にしても、当たりに強く、身体のボディーコントロールも良く、凄く成長していた〜と感じました。
ある意味、強く当たられるコトが当たり前になっているのか…そう言った部分にストレスを感じる様なしぐさも見せない!

このコトで、我々は学ぶべきところがありますよね〜‼️
それは、どこか…
それは、身をおく環境により成長度合いが違う〜と言うコト。

彼の場合だと、新天地のドイツと言う海外でもまれ、そこでもゲームに出て、今期から違うチームに移籍、ドンドン自分を極め次のステージに進んでいます。

日本の中で、トップを取るのも価値があるでしょう〜。ただ、サッカーと言うスポーツの場合、やはり海外の強者ばかりが集まる環境は刺激的でしかも自身の成長度合いも半端ない〜と考えます。
もちろん、裸一貫、自身の実力が全ての世界ですからね〜〜

何処に身を置くか⁉️

これは、ビジネスや職場、会社や組織でも同じコトが言えている様な気がします。
全ては、自分で決めるコト…
誰の責任でもなく、自身の人生の選択は自分で決める。
それしかない!


うーむ、大迫、インタビューが良かったっすね〜
これが、目指してきた夢だから

胸に沁みました


シャイコフスキーざんす^_^

感謝。