マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

2018年06月22日 ワールドカップテレビ観戦記…その③



この男…半端ネェ…っすね〜‼️

おはようございまする〜
今日は、梅雨の貴重な晴れ間らしいですよー

人財育成型研修講師
魔法の接客術アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

もはや、時の人であり、『大迫、半端ネェ』は今のところの流行語大賞にノミネートされる勢いとなりました〜笑笑

一昨日のblog
http://mohican.blog.jp/archives/76601766.html

昨日のblog
http://mohican.blog.jp/archives/76607868.html

それだけ、あの大場面での活躍は半端ないコトなのですね⁇
昨日のミヤネ屋でも宮根誠司が絶賛しておりましたわ〜(^。^)

でね、昨日のblogの続きですが…

その答え…

監督が西野監督に変わって、チームに一体感が出てきた。と言うコトです。

そう、サッカーがチームスポーツである限り、これは物凄く重要なコトなのですね〜
じゃあ、それまで…⁇
残念ながら、監督に求心力がないため、どうしても考えがバラバラになりがちです。
集まった選手は、お山の大将ばかり!
それでいて、その中でポジション争いがある…
そもそも、気に入らなくても監督に選ばれないと代表になれない…

で、バラバラになったのは…
その根本は、信頼関係がないからでしょうか〜

もちろん、それは戦術面もあります。
サッカーの場合、監督によるサッカー感が全く異なりますので、言い出すコトが監督によって全く違うモノなのでしよう〜


前ハリルホビッチ氏の場合、日本が今までやってきたバスサッカーとは違うやり方を推し進めたコトに選手が違和感を抱き、プレーをしてきた状態でしたらね〜〜

人間力とも言うべき人を動かす力だったり…

西野監督の場合、ガンバ大阪の監督時代でも、そこらあたりの選手との距離感がお上手なんだと考えます。
選手に自主性を持たせながら、チームとしての方向性をしっかり掲げる。

そう、選手一人一人を認めるコトが出入るのだと考えられます。

それが出来る人は、少なく、ある意味理想の上司なのだ!と考えます。

この認められた感が選手に伝わると、選手はある程度満足するモノ…
で、監督の言うコトを理解しようとするのです。
それが、出来るコトこそが人間力なのだ〜と考えます。
かと言って、甘やかすのではないスタンス、あの独特なクールさが選手との適度な距離感を作るのだ!と考えます。

代表チームの監督は、相当タフで強いメンタルを持っていなくては務まりません…
今回でも、選手選びに批判が続出し、ワールドカップについてもイマイチ盛り上がらなかった状況でした。
そんな中、西野監督が何かの言い訳をするわけでもなく、たった2カ月の準備期間でチームとして仕上げてきたのです〜



その西野監督を男にするためにも、選手は一体感を意識して、グループリーグを突破してもらいたい!と切望致します。

その鍵となるゲームは、7月24日の深夜にキックオフとなります。


うーむ、まだまだ寝不足の日々は続きそうです…サッカーワールドカップ、シャイコフスキーざんす^_^

感謝。


〜認めて、伸ばす〜
人財育成型研修講師

生駒俊介



#『魔法の接客術』アドバイザー
#人財育成型研修講師
#スーパー営業サポーター
有限会社

エフ・エイ
取締役社長

生駒俊介
オフィシャルサイトhttp://www.mohican.jp/
移動オフィス:080-5388-9323
E-mail:info@mohican.jp

#『魔法の接客術』アドバイザー
#人財育成型研修講師
#接客コンサルタント
#店舗コンサルタント
#人財育成
#スーパー営業サポーター
#社員・スタッフ育成
#営業社員研修