マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

2018年10月05日 ついにこんな時代が来た…



昨日、こんな発表があった…

おはようございまする〜
奈良からになります。

人財育成型研修講師
魔法の接客術アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。


トヨタ自動車とソフトバンクが提携を発表した!
豊田社長と孫社長との合同記者会見があった。
『自動運転に関する車の新しい価値創造を追求していく新会社を設立する』とのことだ…

自動化
シェアリング
電動化

車業界の日進月歩は激しく…
今まで競争相手だと思っていなかった様な会社が競争相手になる…

逆も真なり

今までライバルだと思っていた様な会社と提携する…

例えば、トヨタ自動車はウーバーに出資をしている。ソフトバンクは新しく投資会社を設立、トヨタ自動車の後出しジャンケンの型でウーバーにトヨタ自動車より多くの出資をしている。

これは、ある意味ライバルに当たるのだが、今回、お互いの強みを出し合い、新しい分野での提携を決めた。

AIを搭載した、完全自動運転のコンセプトカーの開発をする

と、言うことらしい。

例えば、車がスポーツシューズの販売店舗になり欲しい時に目の前にやって来る。
車内で普通に靴を選び、試着、購入。
その選んだ靴を履いて車外へ〜
もちろん、その瞬間に自動決済されるのである。

と、なれば…
車そのものが、レストランになったり
車そのものが、病院になったり
車そのものが、ホテルにもなる

もちろん、全て自動運転だけにわざわざ感がそこには無い…

こんな今まででは考えられない世界が2025年くらいにはやってきそうなのである…

こう考えば…物流なんかもドンドン自動化されるでしょう〜

高速道路には、無人のトラックが走っている。事故を起こす要因は、全て人間にあり、AIの予測運転には敵わなくなるでしょう。



そうなると、車の概念も本当に変わってくると思います。
車は、移動の手段からもっと付加価値を生むツールになるのもしれないですね〜〜(^^)

と、なれば…
最終的に時間の概念をも変わってくる〜のかもしれないですね〜
コンセプトカーそのものがオフィスになり、車の中で仕事をして、パーチャルで取り引きがなされてしまう。

と、なれば…土地についての価値観も今までとは全く違った概念になることが予測されますね〜

今まで、自動車産業が日本の経済を牽引して来たのは確かですが、その構図も変わってくるのだろう〜と考えます。

何故、そこまで思うか⁉️という…

モビリティとAIの関係性は、足し算ではなく掛け算になる〜と考えるからです(

^ω^

)


うーん、あまりにも大きな話すぎて、規模感まで伝えられないのですが、社会のインフラに影響することだけは確かだと考えます〜(^^)
シャイコフスキーざんす(

^ω^

)

感謝。


〜認めて、伸ばす〜
人財育成型研修講師

生駒俊介



#『魔法の接客術』アドバイザー
#人財育成型研修講師
#スーパー営業サポーター
有限会社

エフ・エイ
取締役社長

生駒俊介
オフィシャルサイトhttp://www.mohican.jp/
移動オフィス:080-5388-9323
E-mail:info@mohican.jp

#『魔法の接客術』アドバイザー
#人財育成型研修講師
#接客コンサルタント
#店舗コンサルタント
#人財育成
#スーパー営業サポーター
#社員・スタッフ育成
#営業社員研修