マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

感激の瞬間〜‼️

2019年02月13日 Blog更新

こんなメッセージカードをいただきました〜‼️

今日から…週末まで北へ南へと動きます。

人財育成型研修講師
魔法の接客術アドバイザー
スーパー営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

今日は、東京都内にて重要プレゼンテーションの後、
茨城での講演、その後、最終電車で羽田空港へ空港内のホテルで一泊し
明日の朝には沖縄…あっ、遊びではなく…しっかり仕事ですよー(^^)

先程の写真…
これ、メッセージカードなんです〜
中を開くと…こんな感じで沢山のメッセージが四つ葉のクローバーに書かれています〜

これは、先日まで…
さる生保会社の営業職員の皆さんに営業研修をさせていただいておりまして…
その受講生の皆さんから送っていただいたメッセージカードなんです〜❣️

その受講生の方々は、まだ入社して間もない二年以内の方々とその先輩、
そして、その方々を取るまとめるトレーナー職の方とで研修をさせていただきました。
8月から毎月一回のペースで今年の1月まで、合計6回やらせていただきました。
皆さんお忙しいので、生駒の営業エッセンスをギュッギュッとまとめ、
結構早足の研修でしたが〜しっかりと付いてきて下さったのです。

スタート時は、
大丈夫か〜⁉️

と、思いましたが、
第四講義終了頃から結果が出始め、
第六講義終了時は皆さん、なかなかの営業パーソンになっておられました〜

ある方は、営業職になって半年…右も左もわからない
ある方は、ひょっとしたらこのまま辞めちゃうかもしれない様な方
ある方は、家庭で問題を抱えてらっしゃったり

様々な方々

でもね、一つだけ言えてました!
それは、それなりにポテンシャルは高いってコト。
やる気はあるけど、やり方がわからなかったり…
どうしても、外野(周り)に引きずられて…テンションが落ちていたり

そう、思考を整えながらやり方も教えながら、自分への情熱を思い出していただく

他に引きずられないで‼️

お金を下っているのは、つまらない仲間ではなくお客様ですよー‼️

チャレンジしない方は、ずーっとそこにいて下さい〜

こんなワードをソフトタッチで伝え、
営業の本来の思考、最重要なマーケティング、そして、やり方(行動)をお教えしました〜

そう、ポイントを3つに絞って〜


と、皆さん、お一人&お一人ペースは違えど、どんどんご契約を取って来られるのです〜
ある時は、受講生全員が締め切りご契約をいただくと言う奇跡をやっとのけました〜
それには、営業部長もビックリされて…
(゚∀゚)
『生駒先生って、奇跡を作れる人なんですね〜』
『いや、部長…奇跡を起こしたのは彼女達ですよー』

メッセージカードの一部をご紹介させていただきますねー

私への激励の言葉を忘れません〜笑笑

研修ロスが起きていたり…

個人コンサル、全然やらせていただきますよー

って、嬉しいじゃないですか⁉️(^^)
この仕事をやっている醍醐味って、人の人生に関わることだと思うのです〜
単なる『研修講師と受講生』だけでなく、
そのもう少し奥の部分にフォーカス出来たのかなぁ〜なんて思える
感激の瞬間がそこにございました。

後日談もございまして…
この二月も彼女達の快進撃は止まる事がなく、
先日も営業部長とお会いした時、
『昨日も二人がご契約をいただいて来ました。その彼女達が口々に…生駒先生のおかげです…と言っておりました。
彼女達を短期間でここまで成長させて下さいまして、本当にありがとうございます!』
と、おっしゃっていただきました。

イヤイヤ、こちらこそです〜
その営業部長のご英断が無ければ、こんなコトにはならなかった〜と考えます。

『生駒先生、よろしくお願いします‼️』
それはその生保会社の何処の支社も何処の営業所もやっていないコトでした!
でも、その営業部長は私に賭けられたのです。

こちらこそ、いかに決めるコトが難しく、
そして、決めたコトを実行すると言うことの価値に改めて気付かされた6ヵ月でした。

ビジネスは結果が全てだ!と言いますが、
本来、何故⁇研修をするのか⁇受講するのか⁇
の 何故⁇ が、一番大切なのです〜

私は、研修をただの研修に終わらせるコトがない様に最善を尽くすのみです。

研修をただの研修で終わらせない研修

皆さんの成果が私の成果…
皆さんの上げられた成果を資料として、本日、勝負のプレゼンテーションに挑んで参ります!


うーむ、研修講師…そう、私は人財育成をしながら営業などを教える人財育成型研修講師です。
シャイコフスキーざんす❣️

感謝。

関連記事:
人数にかかわらず〜でっす‼️
このキャッチコピー刺さるがなぁ〜⁉️

元記事:
http://mohican.blog.jp/archives/79028805.html