マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

久しぶりに空虚な気持ちになった件…

2019年03月22日 Blog更新

あのイチロー選手が、遂にバットを置く…

今日は寂しい気持ちをお書きします。

人財育成型®︎研修講師
魔法の接客術®︎アドバイザー
高付加価値営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。


昨日、そんなタイミングでこんな大きなニュースが流れてきた…

イチロー、遂に引退

日米通算28年、4367安打のレジェンドが…

えええっ⁇マジ⁉️
イチローと言えば、常日頃から50才まで現役を続けたい!!と言っていた選手なのに…
との思いが心をよぎりながら、
人はいつか辞める時が来る…
その発表が今日で、そしてこの日本を選んだんだなぁ〜とすぐに理解が出来た。

昨年5月に選手登録を外れた後でも、恐らくトレーニングは欠かさずやっていたのだろう…
今年、マイナー契約でスタートした時のイチローは今までのイチローと何も変わらない〜と感じた。
このブログでも紹介させていただいたが、早々にヒットを放ち、順調な滑り出しの様に思えました。
しかし、試合から遠ざかっていた期間があまりにも長く、いわゆるカンが戻って来ないのだろぅ…
多分、もがき苦しんだに違いない〜

イチローの様に、試合に出続けるコトでコンスタントに力を発揮するタイプの人間には、あるコトだと考えられる。

練習では、以前と何も変わらないコトが、実践になるとほんの少しだけ狂ってしまったのだろう。
本人も、シメタ!と思って打った瞬間に、打球は全く思いもよらない方向に飛んでいってしまうコトの連続…
その度に、自身で方向を決めたのだろぅと考えられます。

イチロークラスになると、球団から引退勧告は出来ないのです。
そう、自分で決めてもらいたい…
球団としても、これまでの彼の功績を称える様にこのステージを用意してくれたのだ…本当に粋な計らいだった。

あの独特な構え、また、メジャーに行く時に心配された構える前のルーティーンは、結局、誰もとがめるコトもなく、ポーズをとり続けた。
それも、メジャー移籍1年目のスタートから信じがたい結果を出したからだと考えられます。

ご存知ないかもしれないが、イチローはオリックス時代、冬の自主練習の時にメジャーの練習ボールを取り寄せ使っていた…と言うコトを〜
それは、自分の将来を見据えて、いつでもメジャーにいける準備をしていたのだ。
それを考えると、今回、日本に来るため相当な準備をしてきた…と想像出来ます。

そんな背水の陣で臨んだ日本での開幕戦…
なのに、本人としても不甲斐ない結果しか残せず、ある意味、納得してこの引退と言うコトになったのだ〜と判断します。

イチローのあのストイックさがこよなく好きで、憧れていた私にとって…
寂しい…
空虚な気持ちになってしまいました。

しかし、いずれバットを置く日が来るとしたら、このタイミングがイチローにとって最高のタイミングだった〜と言うコトだろうと理解しています。

今日の最後に…
月並みですが、この言葉を送りたい…

ありがとう、イチロー。
本当にありがとうございます。
これほどまでに、『ワクワク感を覚えた人』はあなたしかいません!

もちろん、ここ最近は満足な成績は残せていなかった…
もう、ダメなのかなぁ…イヤ、あのイチローなら絶対に復活してくれる〜
と言う期待感を持ちながらの日々でした。

これも、もう持たなくていい…
持っても叶わないのです…

このなんとも言えない『空虚感』に見舞われているのは、私だけではないですね…

イチロー、ありがとうございます。
あなたは、私の永遠のプロ野球選手です。


うーむ、人は誰でも引退する日が来る、それは野球だけではない、
最後の日をどう迎えるか⁈で、その人の生き様の真価が問われる。

イチローに感謝。

関連記事:
やっぱりこの男は本物です‼️
甲子園に筋書きはあるのか〜⁇

元記事:
http://mohican.blog.jp/archives/79368219.html