マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

コンビニの秘策に妻がつられました〜笑笑

2019年03月27日 Blog更新

オッ‼️ゴディバ、美味しそうなカップケーキざんす〜❣️

松山行きの機内からです(^^)

人財育成型®︎研修講師
魔法の接客術®︎アドバイザー
高付加価値営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。


昨日、私の奥さんが…
『俊さんと食べようと思って、こんなの買って来ちゃった〜』
と、言いつつ冷蔵庫からこのパッケージを出して来たのです。
紛れもなく、ゴディバのカップケーキらしい…

中身は、二種類入ってます。
一つは抹茶色、そして、もう一つが桜色…
彩りも綺麗で、結構期待出来そうだなぁ〜(^^)
と、思ってパッケージをよーく見ると…

アレレレレッ⁉️

でも、ひょっとしてして気がつかれたかもしれないですね〜賢明なあなたなら…

そうそう、ゴディバのロゴの前にちょっと付いてるロゴ…
ご存知な方はご存知!!

そうですね〜
街カフェのロゴ…

そうです!!
これは、コンビニ・ローソンが展開しています
コンビニコーヒーに始まり、その他ワンランク上のカフェシリーズの名称です。

と、言うことは…
そう、このゴディバのカップケーキは、うちの奥さんがローソンで買って来てくれたってこと…

で、気になる価格…

1,000円です⁉️
そう
1,000円です‼️

考えてもみて下さい…コンビニの客単価…つまり、買い物をされたお客様お一人が支払われる金額を〜
もちろん、めちゃくちゃ買う方もいる
ベットボトル一本の方も多いのでは⁇
おにぎりだって三個くらい…
お弁当だって、コンビニ弁当だと500円程度かと…

と、考えると…この1,000円のケーキは高額商品だと言うコトがわかる…

でも、街カフェブランドだけだとしたら…せいぜい500円マックスだろぅ…
そこで、ゴディバブランドがくっついてくると…1,000円でも許されるわけだ〜


でもね、ここで考えて下さい〜
今までなら、安い方&安い方とプライスに対してそちらの一辺倒だったのが、
ここに来て違う動きがでて来ているのです。

そう、価値を上げた商材をそれなりの価格で売る動き…
そう、そう、高付加価値を考えた商材をそれなりのお客様に買っていただく〜ということですね〜

でね、この時の成功の秘訣は…数を多く売ろうと思わないことだと思います〜〜

想像してください‼️

コンビニのシュークリーム、そう100〜120円程度のモノなら、積んで売ってますよ。
それと同じ様にこのゴディバのカップケーキが置いてあったら…
ネーミングや商品付加価値を感じた方でも手を伸ばさないと思いませんか〜⁉️

反対から考えると…
一つ売れれば、そのシュークリームの9個〜10個分になるのです。
でも、レジ袋とかその他の人的な手間は一個の商品を売ったのと同じ…

ここからわかる様に、高付加価値な商品を扱うメリットがわかります。
でも、これまで、なかなかそこにチャレンジする勇気、やっぱり難しいですよね〜
でも、ローソンではこんな高付加価値商品を実際に売り始めているのですよね〜

これこそ、
新しい発想×新しい行動の賜物で、当家の奥さんが買うことにより、成果となるわけです!笑笑


うーむ、コンビニは小売業の時代の縮図だと思うのです〜
見る目をちょっと変えるだけで発見がいっぱいざんす〜
ゴディバは、シャイコフスキーざんす(^^)

感謝。

関連記事:
コンビニの価値の上げ方(^^)
では、ライザップは悪なのか…⁉️^^

元記事:
http://mohican.blog.jp/archives/79413272.html