マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

最終的には…これに尽きるかと〜

2019年04月23日 Blog更新

実のところ、この11月に〇〇を〇〇〇にガラケーを換えました〜

お天気は今日までらしいですね〜

人財育成型®︎研修講師
魔法の接客術®︎アドバイザー
高付加価値営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

昨日は、クライアント様の凄い成果についてお書きしました。

昨日のblogはこちらから〜
👉めちゃくちゃ嬉しいご報告をいただきました〜‼️

でね、企業研修や店舗研修をさせていただいていて
成果の上がる会社だったり、店舗には、ある一定の共通項があるコトがわかってきます。

例えば、昨日ご紹介した日本一の携帯電話販売台数の店舗の店長の秋本さんにしてもしかり、同じだと思います。
もちろん、この会社の場合は社長の考えもしっかりされていて理念もしっかりしていますし、行動指針もございます。

ただ、何度も申しますが…実際に動くのは現場、そしてそれらをまとめるのが店舗・店長になるわけです。
因みに…この店舗の場合はスタッフが40名超いるわけで、
その店長の下に3人の副店長、その下にグループを作り、しっかりとした組織構成になっています。

今回の研修プログラムには、あくまでもその秋本店長のみに受講してもらってます。

もちろん、接客法や成約率を上げるための必殺のキーワードもお教えさせていただきます。

それだけではなく、チームビルディングや部下育成にポイントだったり
様々な問題解決をする上での思考の持っていき方などなど…

ただ単に売るためのテクニックだけを伝授しているわけでなく、人財を育成させていただいているのです〜


で、日本一の携帯電話販売台数の店舗になるには…先ずは、そうなるコトに決めるコトかと…
エエエッ⁉️
ハイ、絶対にそうなるコトに決めないコトには、全てが成立しなくなります。
社長、秋本店長共、
日本一になる
と、言うコトを決め、常日頃からそれを口に出されていたのです。
このお店は、そのキャリアでも優秀な店舗で名高い。
しかしながら、日本一にはなったことがなかったのです。
だから、ことばにして常に意識されておられました。
そこは、一切のブレがないのです。

そして、それを ブレずにやりきる しか無いと考えます。


で、もう一つは
社長にしても秋本店長にしても、めちゃくちゃ素直に私のことをきいて下さり、実践に移されている〜というコト。
やはり、素直さに勝るものなし‼️
を、この私も実感させていただいております。

又、この秋本店長は実にユニーク。
左脳人間でありながら、人のことを考えられる店長で人望もあり、しかも伝え方も上手。
それでいて、素直なんですね〜
そして、わからないコトは聞いてくる!
スーパー店長、やっぱり日本一の店舗を率いるだけあります。

一言…
ガーサスでっす❣️


うーむ、日本一になるにはやっぱりわけがあった🤭
シャイコフスキーざんす(^^)

感謝。

関連記事:
色々思うところがございます…(//∇//)
アイフォン、失くしました・・・大汗

元記事:
http://mohican.blog.jp/archives/79656281.html