マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

これぞ、接客の妙‼️ガーサスの神対応接客〜

2019年05月11日 Blog更新

先日、娘の靴を買いに行きました〜

初夏の様な爽やかなお天気ですなぁ〜

人財育成型®︎研修講師
魔法の接客術®︎アドバイザー
高付加価値営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

ゴールデンウィーク明け、五月らしい爽やかなお天気が続きますね〜
何度もお書きしますが、先日、姪っ子の結婚式かございました〜
で、娘がその時に履く靴がなく、前々日の日曜日に買いに行くことにしました。

で、最初元町にあるポピュラーな靴屋さんに出かけました。
とりあえず、これなら…と言う靴があったのですが、残念ながら娘のサイズがなく断念…
で、横浜駅まで出て、高島屋さんに行くことにしました。

6階の子供用品売り場に〜〜

子供用の靴を集めたコーナーがあります。店員さんに声をかけると、
『そこの用紙にお名前をお書き下さい』と…
まるで、混んでいるファミレスの様なのです。
笑笑
そこに名前を書き、売り場をうろちょろ…
靴売り場だけだと飽きるので、洋服やオモチャを見たりします。

戻ってしばらくすると、ようよう名前を呼んでもらえ、靴を見せてもらうことになります。

当家の娘は、私と同様足が細く、いわゆる貴族タイプの足型なのです。
(日本人のほとんどは段平甲高の農耕民族タイプ)
で、足のサイズが17.2くらい…
だから18センチのモノを履かせるとブカブカ…
17センチのモノだとちょっとキツめ…なのに上の方は余りが出る(^ν^)
実に厄介なのですね〜
(普通の運動靴なら、ベリベリがあるので締めれるのですが〜〜)
写真の販売員の方が色々持って来て下さるのですが…なかなかフィットしないのです。
そこで、中敷きを持って来て下さったり、親切な応対をして下さいます。
で、表に出ているタイプでは難しいなぁ〜と思った瞬間…
その方が、
『これなら大丈夫かもしれない〜です』
と、言うことで…
表には出ていないタイプのホールドがしっかりした靴を持って来て下さいました!!
18センチ
中敷きを入れて
ストラップをきつい目にしてもらい
トライしてみると…
見た感じもぶかぶか感もなく、結構フィットしているかも〜
で、本人もまんざらでもない様子

そこで、その方が
『ちょっと、そこら辺を歩いてみて下さい〜』
とのアドバイス(^^)
で、妹と二人して、売り場内〜通路を歩いてみる。

痛くない⁇
大丈夫〜
ぶかぶかじゃない⁇
大丈夫〜

子供のことだから、本当はわからないが…見た感じも良さげなので…
いただくことにしました!

合計で6000円と、そう大したお値段でもないのに、
親身になって相談いただき、ようやく一足買い求めることが出来たのです!
本当に有り難い限りです!

その販売員さんの名は…
横井さんです。
その節はありがとうございます!

で、せっかくですからと冒頭の写メをパシャ❗️笑笑


お陰様で、数日後の私の姪っ子の結婚式のフラワーガールの大役もその靴を履いて果たすことが出来ました〜
その光景が、このショットになります。
動画からの抜き取りなので、申し訳ないですが、ちゃんと履かせていただきました(^з^)-☆

やはり、しっかりとしたモノはしっかりとした販売員さんと相談して購入したいですよね〜
そんなことを痛感致しました。

このエピソードは、来週や再来週のクライアント様での企業研修にてお話させていただこう〜と考えております!!
ご容赦願います〜〜

帰りがけ、娘が一言
『お父さん、いい靴が見つかった良かったね〜あの方、親切だったね〜』といいながら、
しっかりと高島屋さんの袋を持って歩いてました。


うーむ、神対応接客は単価のアップにも繋がりますが…
そんなことより帰りの気持ち良さに繋がるのです。
シャイコフスキーざんす(^^)

感謝。

関連記事:
コンビニの秘策に妻がつられました〜笑笑
何故、地方百貨店が相次ぎ閉店するか⁇の問題について…その❹

元記事:
http://mohican.blog.jp/archives/79812302.html