マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

どう言えば⁇伝わるのだろぅ…

2019年05月14日 Blog更新

最近、苦慮することがございまして…(^ν^)

人財育成型®︎研修講師
魔法の接客術®︎アドバイザー
高付加価値営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

ちょっと前に主治医の増田先生から、色々ご注意をいただきました。
で、こりゃあ〜なんかサプリメントでも飲もう〜と思いまして、探しました。
ネットで色々見たりして…
その手のモノって、結構お値段がしたりして…
で、コレを見つけて続けてます。

賢者の食卓

糖と脂肪の吸収を抑えられる〜らしいです。
で、朝は飲まないのですが…お昼御飯と夕食の時に飲み物に溶かして食事と一緒に服用しております。
実際、効いているかどうか⁈はわからないので、おススメするつもりはございません〜( ^ω^ )

でね、基本、お茶が出てくる様なお店では、そのお茶に溶かして食事と一緒に服用します。
お茶とかがないお店では
お白湯(おさゆ)を頼みます。

『すみません、お白湯いただけますか〜⁇』
『ハイ』
と、言って出て来るのが出てくるのが…熱ーいお湯だったりします(^ω^)

で、考えました〜

そうか!何のためのお白湯なのか…伝えればいいんだ〜(^^)
だから…こういう風に伝えることにしました〜

『お薬を飲むので、お白湯いただけますでしょうか?』
と、言われたら、あなたなら何を出してくれますか〜⁉️

って、先日も…そのお店でそう伝えたのですが…
マシンの熱湯注ぎ口から注がれたそのままのお湯をコップに入れて…
『どうぞ〜』
って、あなたコレで薬が飲めますか〜⁉️
と思ったので…
『ごめんなさい…これじゃあ薬飲めないわ〜』
と、すると…
『無理ですか〜⁇』
最早、ギャグか⁉️コレは…
と、思い…苦笑いすると…いぶかしげな表情で
そのお湯を半分捨てて、お水を足してくれました。
『ありがとう〜』………

お白湯完成‼️

で、ようやく『賢者の食卓』をそのお白湯に溶かして服用させていただきました〜


以上のお話、本当のお話です…

昨日に続いて、ボヤキおじさんになってしまいましたが…残念と言うより…
『なんて言えば、お白湯に有り付けるのか…⁇』と、苦慮するこの頃です。

ただ、見方をポジティブにすると…
良い研修ネタをいただいた〜ってコトになりますが…笑笑

それにしても…
伝え方を教えているこの私が迷っております。
スタバなら45度と言うと45度のコーヒーを出してくれます…(これ、本当です!)
でもね、普通のお店で
45度のお白湯〜
って、言ったら…それこそ
なんじゃあ〜⁇
って、思われるわけで…

お白湯

頼むのが、難しい今日この頃の生駒でした。
あっ、決してクレームではございませんので…お間違えなく!!


うーむ、『お薬飲むので〜』って、的確な指示だと思うのですが…
シャイコフスキーざんす(^_^)

感謝。

関連記事:
ちょっと残念なお話をさせていただきます…
ヤクルトおばさんに見る、価値の提供

元記事:
http://mohican.blog.jp/archives/79848606.html