マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

リーダーが使うべき、部下に響く言葉…

2019年05月18日 Blog更新

先日、たまたまWBSを観ていましたら〜〜

昨日は、埼玉〜東京を行ったり来たり…でした。

人財育成型®︎研修講師
魔法の接客術®︎アドバイザー
高付加価値営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

昨日の政治家のお話にも通じるのですが、言葉って大切だと考えますねー
何故なら、今日日ネットや動画の普及で悪いことは直ぐに広まりますからね…
そう、いいことも広まることがございますが…
どうでしょう…圧倒的に悪いことの方が広まりやすいですよねー

で、それだけ言葉って重要だったりします。
そう、言葉は伝わりやすいですから…

でね、私が関わっている企業様のいわゆるリーダーの方々にも、
言葉って大切だから〜みたいなことを何時もお話しております。

でね、先日、たまたまテレ東の夜のWBSを観ていた時、
先程の様な言葉選びが良い!との情報がございましたので、共有させていただきますねー^_−☆

おっしゃるには、リーダーとして言葉を変えると部下を中心とした人に響くと言うコト(^^)

例えば…
がんばれではなく…汗をかけ
なりほど…私も『頑張れ』と言う日本独特の言い回しには若干ですが、違和感がある時があります。
ただ、これしか該当しない時もあったりしますので…使うこともございます。
その代替えとして…汗をかけ
これも、なかなか厳しい言葉の様に感じますが確かにイメージ出来すよねー

協力するではなく…手を取り合う
これは、物凄くイメージしやすいですね〜
そう、そう、協力するってどういうコト⁉️に対してダイレクトに伝わりますねー

もとにあるではなく…根っこにある
これまたイメージしやすいですね〜
もとにあるのは何⁈
と、言われるより
根っこにあるものは何⁈
の方が、考えやすくなりますねー

そう、こう考えても同じ意味をなす言葉ですが表現を入れ替えるだけで、受取手に響く…
つまり、例えば部下の方々がイメージしやすくなりますね〜

実のところ、私も研修ではそんなところに気を配り伝えているつもりなんですよー
そう、受講生のみんながイメージしやすい様に考えたりします。

何故なら、イメージ出来ないコトは実現しにくいですからねー

この発想が、大切。
部下に対し、いくら論破したとしても部下がその気になって動かないのは、イメージ出来ないコト…
そう言ったことってある〜と考えます。
いかがでしょうか〜⁉️⁉️⁉️

私の場合…研修の会場より現場に戻った時にそれが生かされそうか…
そのイメージを受講生のみんなが持ってくれるかが、最も大切なのです=(^.^)=


うーむ、言葉だけでなく、伝え方でもかなり違ってまいりますがね〜笑笑
シャイコフスキーざんす(^^)

感謝。

関連記事:
めちゃくちゃ嬉しいご報告をいただきました〜‼️
マーケティング講座を終えて〜

元記事:
http://mohican.blog.jp/archives/79873162.html