マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

気付いている、セブン…ガーサスざんす!

2019年05月15日 Blog更新

先日、横浜のセブンに寄ったところ〜

今日は、昼から晴れましたね〜〜

人財育成型®︎研修講師
魔法の接客術®︎アドバイザー
高付加価値営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。


この月曜日の朝、たまたまコンビニの代表選手のセブンイレブンに寄ることがございました〜

初めて入ったお店でしたが、イートインコーナーがあるくらいの大きさがある店舗でした。

お水と珍しくホットコーヒーなんぞを買いに入りました。
お水…そう、お水でっす。

で、まー慣れたモノでペットボトルのコーナーに行き、一本取って、レジへ
『後、ホットコーヒーのLサイズをいただけますか〜』
誰しも経験のある&何処にでもある光景かと…

で、コーヒーのマシーンにカップを装着して何気に後ろを振り返ったりしましたら…
コーナーの下段ではありましたが…
先程のコーナーがございました〜
そのPOPに注目です!!
ハイ、ある意味、常識的ではないのですがここがポイントです〜

常温水

つまり、冷やされていないお水なのですね〜

コンビニのお水は冷やされている…の常識を覆すコトですよねー

でも、私なんかも普段お水は冷やしていないモノを…そう、常温で飲むことが多いのです。
もっと言いますと、炭酸でさえ冷やさないで飲んだりします。

何故なら…
冷やすとお腹がビックリしてお腹に悪い
冷やすと多くを飲めない
からです。

逆に常温なら…
お腹もビックリしない
沢山飲めるー
のです。

しかし、普通世に売っているお水は…と言いますと、一般的に冷やされていることか多い。
特に、街中で手軽に買おうとすると特にそうなることが多いですよね〜
(まー、スーパーとかドラックストアの山積みの商品なら別ですが…)
ただ、買う側からすると…先程の理由により、冷やしていないのが欲しいケースもよくある〜と考えます。

つまり、売る側の勝手ともいうべき思い込みにより消費者の取捨選択がないケースも多いということになります。

そこで、このセブンの売り方は凄いことの様に思いました〜
恐らく…お客様の声からの選択でしょう〜
そう、お客様の声にこそヒントがございます。
ただ、それがほんの少数なのか⁇
ある程度、需要が見込められるコトなのか⁇
は、はっきり言って…
やって見なければわからないのです〜
だと思いませんか〜⁇

お客様の方を観て
お客様にお聴きしてみて
そして、お客様の趣向を知る

で、そこからの判断で実施する

実のところ…わかっているけど、なかなか出来ない、
それをするセブン…この店舗は凄いなぁ〜と思った次第です。


うーむ、顧客の趣向は顧客に聴くしかないのですね〜
シャイコフスキーざんす(^^)

感謝。

関連記事:
昨日は、インプットしまくりました〜!で、考えたこと(^^)
バンコクと言えば…その❶

元記事:
http://mohican.blog.jp/archives/79857544.html