マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

昨日の続きで、早期離職をとめるために出来ること〜〜

2019年05月21日 Blog更新

昨日は、多くの方にお読みしただきました〜
で、その続きとなります。

それにしても酷い雨&風ですね〜(大汗)

人財育成型®︎研修講師
魔法の接客術®︎アドバイザー
高付加価値営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

横浜は…それにしても酷いお天気です…
各所に災害が起きないことを願うばかりです〜

昨日のブログはこちらから〜
👉ゴールデンウィーク明けによくきかれることとして…


で、ゴールデンウィーク明け…
令和になったばかりの時に新入社員の方々がいわゆる五月病に陥られ、
早期退職されてしまっている件なのですが…
色んな意味でもったいないなぁ〜と感じてなりません。

昨日も申し上げましたが、新卒での入社は一度だけです。
近頃、第二新卒と言うワードもございますが、
あれは苦肉の策の言葉…ではないか〜⁇と感じるのは私だけでしょうか…⁇^ ^
そう、文字通り第二であって新卒ではないのですね〜



で、その理由を紐解いてみると…
①は昨日お話した 条件が違う と、言うもの
で、その次が
②人や社風があわないということの様です〜

これも色々な要因が重なりますよね…
もちろん企業側の情報開示に問題はあると考えます。

ただね、ここで申し上げるべきか⁈はさておき、
その企業に『入ろう、働いてみよう』と決めたのは、誰なのか⁇と言うことを
再認識してもらいたいーということです!
やはり、自分のことなのにしっかり調べ上げることを怠らなかったか…
入ろうする企業の概要ではなく、雰囲気とかそこの社員さんがどんな顔をして働いているのか⁉️
笑顔だったり、活気があるとか…そんなところをしっかり掴み取ったかどうか
…が、めちゃくちゃ大切だったりします。
もちろん、条件やもっと先のことも大切です。

ですが、何よりどんな人達と働くか⁇
これ、かなり重要な関心事項だと思いますー
ですが、そこをご自身の目で確かめられないのはその方の責任でもあると考えます。

社会人になる上で、そう言った行動って後々生きてくることも多いはず〜
なんて考えますが、いかがでしょうかね〜(°▽°)

と、企業側に求めるのは、面接もそうですが、
既存の社員さんとの座談会とか懇談会をドンドン企画されてはいかがでしょうか⁇
それは、一種の『賭け』になるかもしれないですが、
内定決定者を繫ぎ止める効果もありそうに感じます。
又、そうした時に、就活生側から見ると…
数年後の自分と照らし合わせたり、こんな先輩と働くんだ〜がリアルになり、ミスマッチが防げると考えます。
又、その中から雰囲気や人間関係を読み解くことも出来る可能性もあります。

あくまでも可能性ですが、それだけでも働く事へのリアル感が出て、自覚が生まれると考えます。

どうせ、わかるのだから事前に知らせてあげる&事前に知りにいく…
この双方でミスマッチ、特に社風やら人と〜〜みたいな理由を多少なりとも潰せると多いに考えるわけです。

もちろん、その中には
どんな研修をしているか⁇とか…リアルな情報も飛び出ると思います。
そして、『こんな研修をして、あなたの成長を加速させますよー』みたいに、
私が承っている企業研修にオブザーバー参加を募る会社さんもおいでになります!笑笑
でも、それは大正解かも〜だって、他では受けられないレベルの『唯一無二の研修』ですので〜)^o^(


最後に、冒頭の写真の意味ですが…この令和菓子の右の文字を知らせたくて〜〜

前途有望

こんな気持ちを受け入れる側も入る側も持ってもらえたら、嬉しいなぁ〜と思いお出ししました!!笑笑


うーむ、前途有望…いい言葉じゃないですか〜!!シャイコフスキーざんす(^^)

感謝。

関連記事:
リーダーが使うべき、部下に響く言葉…
添削していて思うコト^_^その①

元記事:
http://mohican.blog.jp/archives/79909918.html