マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

スシローの攻勢〜

2019年05月24日 Blog更新

ここのところ、かなり目立ってきました〜

昨晩遅くに松山から帰ってまいりました〜〜

人財育成型®︎研修講師
魔法の接客術®︎アドバイザー
高付加価値営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

回転寿司の三大勢力、あなたはどちらがご贔屓ですか〜〜⁇
スシロー
くら寿司
かっぱ寿司

その他には、はま寿司や元気寿司と続くが、
ちょっとこの三社におかれた感ございますからね〜(^ν^)

で、ここ最近首都圏ではスシローが攻勢を強めているってご存知ですか〜⁇
と、言うより業績が絶好調の様だ!!
スシローは元来大阪が本拠地、その昔あきんど寿司と言うブランド名でしたが、
東証一部に上場する際に スシロー ブランドに統一したとのこと。

ここで、面白いネタとして…スシローの名前の所以ですが…
当初、スシローは寿司太郎と言うより名前で展開し始めたところ、
永谷園から同類の名前の商品があった為にクレーム、
そして、そこはあえなく負けてしまい、すし郎に変更、
そして、現在系のスシローになったのだ。
でも、今とやなっては怪我の功名的なこととなり、スシローと^_^
なんとなく覚えやすく、しかも独自性に富んだネーミングになりました。

こんな宣伝が、東京山手線のホームドア部分に大きく出ていました〜
冒頭の写真も同じく、ホームドアです。
と、考えましてもかなりの広告宣伝費がかかっているわけで、そこに投資が出来るのは凄いと思います。

今決済の営業利益は77億円、これは同社前年の33%アップになります。

スシローがとった戦略の一つをご紹介しましょう〜
キーワードは…

値下げと値上げ

そこら辺りの回転寿司に行くと、100円皿200円皿300円皿みたいになっていますよね〜
それが、スシローでは2018年9月より…
100円皿
180円皿
280円皿
の三種だったものを
100円皿
150円皿(30円の値下げ)
300円皿(20円の値上げ)
とした。
そうしたら…100円皿以外の売り上げが7%の上昇
又、スイーツを中心にお寿司以外の商品を積極的提供することで売り上げを伸ばす…

結果、客単価が2.3%アップ

したのです〜

昨今、客単価が下がり続ける世界で
見事に成功事例を作った〜ってコトでしょう〜〜(^^)

そこには、お客様の動向や心理を読むコトも必要ですが、
何よりチャレンジする精神が必要なのですね〜

お客様は確かに『価格』には敏感です…
ただ、それ以上に『価値』にはもっと敏感だと言えるのでないでしょうか…⁉️

私が承っております、企業研修でも同じことが言えていると思います。
クライアント様にどれだけの価値が提供できるか⁇
もちろん、価格は安い方が越したことはございませんでしょうが…
そうなると、ただの研修になってしまうのかも…
私が目指すのは、あくまでも研修をただの研修に終わらせない 本気の研修 です。

うーむ、スシローの攻勢はどこまで続くのか…⁇
外食産業も一寸先は闇…
この先も動向に注目したいですね〜
シャイコフスキーざんす(^^)

感謝。

関連記事:
くら寿司にみる…働く価値も情報発信から〜‼️
飲食店が儲からない一つの理由発見‼️

元記事:
http://mohican.blog.jp/archives/79938304.html