マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

ご縁を価値で繋ぐ…その④、伝えることの極意

2019年07月17日 Blog更新

こんな感じでフィナーレを迎えました〜

今日は細降る雨の中、松山までー

人財育成型@研修講師
魔法の接客術@アドバイザー
高付加価値営業サポーター
モヒカン紳士
生駒俊介でっす。

昨晩は、湿度が高く寝苦しい一夜でしたね〜
と、言いつつ、毎度ながらのショートスリーパーなんですが〜〜笑笑

先週の木曜日の京都にて登壇させていただいた研修についての話題です…

その立役者は、なんと言いましても京都で190年続く老舗旅館の若女将の小野さんになります。
昨日、こんなコメントをいただきました。

小野さん談
『先ほど参加させれていた女将さんと電話してたんですが、
翌日に別のセミナーがあって、参加者がみんな
「生駒先生の後やから特に眠いセミナーやった笑笑」と報告あったそうです!
ガーサス!』

そう、ちょっと嬉しいやら、気の毒やら…
これが、座学だけのセミナーや単なるマナー研修なら…
失礼ながら仕方がないのかも〜なんて思いました。
別に有頂天になっているわけで無し、
その講師の方は気付いてらっしゃらないのだ…と思います。

やっぱり、楽しくなければ学ばない〜ってコトに…

そりぁあ、研修ですから全て楽しいわけではないけど…
基本、楽しくなければ寝てもしまいますよねー笑笑
…過去の経験上、そうだと思うのです。

だから、普通の研修のセオリーなど考えない研修をさせていただいているわけですね〜
でね、その時のシナリオの作り方なのですが…
何と言っても、受講者の皆さんの属性を知ることから始めます。
そう、そこをリサーチしなければ『いい研修は出来ない〜!!と考える次第です。

で、始めて
・どんなコンテンツを
・どんな風に
を作っていきます。

また、そこをイメージ出来なければ、私にとっては暗闇に矢を放つのと同じ様に思うのです。

で、ほとんど研修講師の方は恐らくそんな状態なのかなぁ〜と思います。
多分、どの矢もめちゃくちゃ価値のある、正しい矢なのでしょうが、
当たらなくては……価値を価値だと思ってもらえない〜と思います。

今回の場合、リサーチすると同時に
過去の経験上、こんなコンテンツで、こんな風に伝え、その受講者の皆さんをこちらに導こう〜
と私の中でしっかりとシナリオを描けているので、
高評価を得れたんだ〜と考えます。

お陰様で、受講者の皆さんが書いて下さいましたアンケートも
そのほとんどが、大変に満足された様にお書きいただきました。
それだけでなく、行動します!と言う嬉しいお言葉や、
また、中には『今まで受けた研修の中でダントツで一番だった』なんて言う
身に余るお言葉も沢山頂戴出来ました。

これは、全てが私のビタミンになり、更なるエネルギーになります。嬉‼️

うーむ、伝えることの極意をご理解いただけましたでしょうか〜⁈
これらは、接客や営業にも精通する発想であるのは、言うまでもないでっす〜
シャイコフスキーざんす(^^)

感謝。

関連記事:
ご縁を価値で繋ぐ…その③…研修のセオリーを疑う
ご縁で価値を繋ぐ…その②

元記事:
http://mohican.blog.jp/archives/80433947.html