マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

人財育成研修講師が分析する「マクドナルドの求人広告」その4

 

2019年09月10日 Blog更新

 

この層に確実に伝える広告…

 

こんにちは〜

今日は薄曇り…日差しのない分助かります〜

 

人財育成型®︎研修講師

魔法の接客術®︎アドバイザー

高付加価値営業サポーター

モヒカン紳士

生駒俊介でっす。

 

ちょっと前からお書きしてます、価値あるマクドナルドの求人広告についてでっす。

 

その昔、そう私の年代となりますと…

マクドナルドのスタッフって、若い女の子的なイメージがついてしまってますよねー⁇

ところが、昨今…先日もマクドナルドに入りましたら、シニア層の方が結構いらっしゃるのにびっくりしました。

私が見かけたのは、主に女性ですが…

 

オーダーを取りレジを打ってらっしゃたり、もちろん調理担当の方、店内のテーブルを拭いたりちょっとした掃除をされていたり…

その時の時間帯は、お昼間、でしたがシニアの方が活躍されていました。

 

そうなんですよねー

シニアと言えども、お元気ですしまだまだ働けます。それどころか、責任感もあったり、経験値が豊富な分技術的なトレーニングを教えなくとも出来たりする…それに加えて、常識も備えてらっしゃるので教育も容易かったりするのです〜

 

つまり、即戦力なわけです〜!!

 

多少レジ打ちの新しい機械の操作に不慣れかもしれないですが、そこは店長始め慣れているスタッフがいると大丈夫〜^ ^

 

そして、キャッチコピーが素晴らしい〜

ベテラン力がモノをいう。

やる気出ますよね〜

 

で、リードコピーが

 

 

って、ここまできたら…チャレンジしてみようかなぁ〜なんて考える方がいてもおかしくない、いや、いそうな気がするわけです〜!

 

キャッチコピーでは、ベテランと言いながらリードコピーではシニアという言葉の使い分けといい、なんとなくの安心感もあったりするのです〜

 

でもね、ここでも考えていただきたい〜のが、しっかりターゲットを絞った広告を出している点です。

ここを絞るコトで、言葉が届く様に考えます。

いかがでしょうか〜⁇

 

こんなノウハウ的なコトも私の研修プログラムの中ではお伝えします。そう、価値の伝え方のベースになるからです。

もちろん、ポップセミナーなんかもさせていただけますが〜〜笑笑

 

正直、誰でもが歳を重ね、いずれシニアになるのです〜

また、身内にそれに近い方がおいでになるはず…

だから、ターゲットを絞ってみる勇気が欲しいですね〜〜^ ^

 

うーむ、ガーサスのマクドナルド、と、これからの時代、人材の確保が如何に大切で、そこを本気で取りに行こう〜しているか…が、わかる広告ざんす〜

シャイコフスキーざんす(^^)

 

感謝。

 

元記事:http://mohican.blog.jp/archives/80938568.html