マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

スシローが新しい業態にチャレンジする理由とは?【企業研修のヒント】

 

2019年10月09日 Blog更新

 

ハイ、こちらはあのスシローの新形態店になりますー

 

おはようございまする〜

今日の朝もピリッとした朝でした…

 

人財育成型®︎研修講師

魔法の接客術®︎アドバイザー

高付加価値営業サポーター

モヒカン紳士

生駒俊介でっす。

 

娘との朝散歩…今日もしましたが、上着なしではちょっと寒く感じる朝になりました!

本格的な秋を感じました。

朝日の中、娘との体操はめちゃくちゃ健康的ですわー(^^)

 

先週の金曜日、横浜駅近辺で当家の奥さんと上の娘とお昼を食べよう〜と考えました折、思い出したのが冒頭の写真のお店でした!

 

このお店、以前に見かけまして一度は立ち寄ろうと考えておりました…

スシローです。

あの回転寿司のスシロー

でも、見た目もちょっと違いますよね〜

と、言いますのも…回っていないからですね…

そう、スシローの新形態店

その名も

 

スシロー コノミ

 

いわゆる、お持ち帰り寿司とオーダー寿司のコラボ状態のお店となります。

 

 

ここは、横浜駅地下にございます伊勢丹の出店内のイートインコーナーにございます店舗です。

スシローと言えば、関西発の回転寿司チェーン店で、ロードサイトを中心にここのところ、かなり関東にも進出を果たしています。

そのスシローの新形態店です。

 

メニューはこんな感じ

 

 

お持ち帰りコーナーは、何処にでもある様に出来上がったお寿司が並んでいまして、その他はオーダー用紙に『正』の字を記入して頼みます。それらは、受け取りコーナーでいただき併設のイートインコーナーで食するわけです。

 

 

ワーオ‼️

まー、値段の割に美味しかったっす〜

 

でね、どうしてあのスシローが新しい形態のお店にチャレンジしているか…⁇

 

それは、どう見てもロードサイド店の出店は強いライバルも多く、常に横(ライバル店)を見ながらの商売になります。しかも、過密になりつつあり、正にレッドオーシャンです。

その中でも、勝組とされるスシローはそのネームバリューよろしく次なる漁場を探しているのですね〜

 

近くは、東京山手線の全駅に従来の回転寿司店を設ける計画があったり、この様なイートインコーナーへの出店と勢力拡大を計っています。

 

何故…⁈

 

それには、資金が集まる企業か⁈どうか⁈

そこが、勢力拡大の境い目になります。

 

資金が集まるとは、それなりに本業の業績が良く次へのアイディアかあるか否か⁇

もう一つは、経営陣にフロンティア精神かあるか否か⁇になります。

 

恐らく、スシローはそれらが揃っているのでしょう〜

そして、その根本は…

 

現状維持は衰退に繋がる

 

と、言うもの…

 

実は、昨日、研修をさせていただいた企業様も既存店舗を閉めてこの12月から新形態の店舗をオープンさせるべく、急ピッチで進めておられます。

これは、8月のミーティングで私からの提案を採用された結果で、簡単に言いますと、新しいコンセプトの新ブランド店を立ち上げる〜コトになっております。

 

もちろん、それだけに研修にも熱が入ります〜

昨日は、研修前に社長からそんな発表が各店店長に向けて発表があったりで、かなり面白くなって来ました!

そんなお手伝いも出来、私としましても、より楽しくなってまいりました〜(^^)

 

現状維持は衰退

 

その言葉は、胸にどんどんチャレンジしていきたい!

と、考えます。

 

うーむ、スシローの新形態店…次は海鮮丼を食べてみたい〜と思う次第でっす!!

シャイコフスキーざんす(^^)

 

感謝。

 

元記事:現状維持は衰退に繋がるのか…⁈