マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

【生命保険会社】特別営業研修の事例を紹介

 

2019年10月20日 Blog更新

 

先週の登壇直後の会場画像です〜〜

 

おはようございまする〜

なかなか安定しないお天気、被災地の方々のことを思うと心痛みます…

 

人財育成型®︎研修講師

魔法の接客術アドバイザー

高付加価値営業サポーター

モヒカン紳士

生駒俊介でっす。

 

秋雨前線、秋の長雨の影響…先日来の台風で被害に遭われました皆さんの心中を察しますと!なんて申し上げて良いやら…心痛みます。

ご自愛いただきたいです。

 

で、この木曜日に…

某生命保険会社の『横浜支社全員大会』におよびいただき『特別研修』をさせていただきました。

その企業においても横浜支社は主力支社で営業職員の皆さんが500名+スタッフが100名の大所帯です。

その内、550名が参加する全員大会です。

かなりの力が入った会になります。

 

そして…何故この時期に開催されるか⁇というと〜〜コレは、日本の生命保険会社の全てになりますが、11月が生命保険月という最重要月に設定されていて、それに備えての決起集会みたいな位置付けなわけです。

それだけに、今回の『特別研修』は普通の研修とは違い、相当な気合いを入れて挑みました。

 

私の場合ですが…

講演的にお話させていただく場合、会の大小にかかわらず、研修のゴール設定を決めます。

ゴールというのは、簡単に申し上げると…受講いただいた方々のビフォー・アフターをことば化したものです。

例えば…今回の場合なら

『お客様宅に営業に行く勇気と…よし!この手法を使ってみよう〜』と言って前向きな気持ちを持ってもらうコト

でした。

 

で、結果的には…ほとんどの方がその様になっていていただいた様に思います!!

(何処に行っても、誰が何を話しても一部の方は反比例されます…苦笑)

 

講師力って何か…私はいつも考えます。

今のところですが…

 

『コンテンツ力』✖️『伝える力』

 

になると考えます。

そこに、

『必ず伝え切る』と言った自分へのコミットするコトが必要なのです。

特に今回の場合は、全員大会のプログラムの一つになります。と、言うことは…与えていただいた時間内、いや、いただいた時間ピッタリに伝え切ることがミッションとなります。

 

で、お陰様で、セミナー・アンケート記入・しめの言葉、全てで60分丁度でフィニッシュさせていただき、そこも高いご評価に繋がりました。

コレもある意味の講師力なのです〜〜(^^)

そう、いただいた時間で伝え切る!

実のところ、コレが非常に難しい…

話したコトがある方ならおわかりかと…

 

講師力

 

いつも考え、これからも追求していきます!!

 

うーむ、550名の受講者の方々も総立ちいただきご一緒にダンスしていただきました〜爆笑

シャイコフスキーざんす(^^)

 

感謝。

 

元記事:講師力って…