マーケティング知恵袋

背景画像

MARKETING ANSWERS

営業研修のネタ元公開「お客様の誘導について」

 

2019年12月12日 Blog更新

 

さるコンビニエンスストアのトイレに入ったときのコト…

 

こんにちは〜

今日は暖かい横浜から〜〜

 

人財育成型®︎研修講師

魔法の接客術®︎アドバイザー

スーパー営業サポーター

モヒカン紳士

生駒俊介でっす。

 

いや〜

今日は暖かいですね〜

横浜や東京は18度の予報が出ています。

コート要らずとは、こう言ったことなのでしょう〜(^^)

 

で、最近立ち寄る様になりましたコンビニエンス…ローソンのトイレを拝借致しましたら…

こんな表示がございました〜

 

男性様のトイレなのですが…

 

 

つまり、トイレの使用方法についての表示です

女性の方にはわからないかも〜〜ですが…

 

つまり、便器の上げ下げ…もっとわかりやすく言うと…

小便を立ってするか⁇

座ってするか⁇

と、言うことなのです〜〜

 

お店としては、『座ってしてもらいたい』

のですね〜

これには、やはり衛生上のことやら…清掃のことなどの問題がそこにあるからです。

 

聞くところによりますと、欧米…特にドイツでは座ってするのが当たり前らしいでっす^ ^

 

私⁇

少なくとも、家では100パーセント座ってしますが、時として立ってすることもしばしば…

 

でね、この表示をもう一度ご覧下さい〜

まずは日本語

そして英語

その下に中国語

 

そして、絵でわかりやすく指示

何より、ダメなこともわかりやすく知らしています!

 

つまり、『やってもらいたいこと』と同時に『やってはいけないこと』もしっかりと知らせる…

これなんですよ〜

 

研修の成功とかとか人財育成のキモの一つがここにある〜と考えます。

 

えっ⁇

はい、本当です。

特にスタート時とかにこのことをしっかり伝えるのです!!

 

『やって欲しいこと』

を具体的に示しながら

『やってはいけないこと』

を具体的に示してあげる

 

そう、相手が経験値が高くとも低くとも、スタート時は同じです!

アンニュイな言い方ではダメなのです…つまり、この具体的に伝える〜ことが相手と自分との意思の疎通を太くしてくれます。

そう、行き違いをなくす最大のポイントかここにあるのです!

 

研修でも…と言いましたが、これまた同じです。

私の場合…受講者の人数に関わらず、場のルールを示したりします。

その中に、こちらからの

『やって欲しいこと(考え方)』

『やってはいけないこと(考え方)』

をスタート時に具体的に示します。

そうすることで、少なくともこちら側の意向を伝えると共に、自分へのコミット力を強く持てるのです!!

 

私は、今日も本気で伝えます!

 

このフレーズを噛み締めながら発します〜

 

有り難いことに、一昨日の企業研修も伝え切ることが出来ました。

その時のスタート時でも、場のルールをしっかり示して自分にコミットしてからのスタートでした。

 

うーむ、具体的に示されないままの行き違い…あるあるですよね〜

そこを端折らないこと…大切だと考えます!

シャイコフスキーざんす(^^)

 

感謝。

 

元記事:ここまで言われたら…(大汗)